多忙な毎日を送っていても不動産投資が可能となるサービス

などの変動性の高い投資商品とは違い、ミドルリスク・ミドルリターンが魅力の不動産投資。
しかし、不動産投資は初期投資が非常に高額です。
入居率の高さを見込めるような立地条件に物件を建てるとなれば数億円の資金が必要となる可能性もあります。
そのため、金融機関から借り入れを行わなければならず、資金が焦げつくリスクを背負うことににもなりかねません。

また、管理の複雑さも不動産投資が敬遠される要因のひとつです。
こちらは不動産を取得するだけでなく、そこに住む賃借人の募集や契約、さらに賃料の聴衆を行わなければいけません。
物件にかかる固定資産税や公共料金も支払うことも忘れてはいけませんし、メンテナンスやクリーニングもしなければいけません。
このように多忙であるため、副業には向いていないとされています。

このような悩みを解決する存在が「みんなで大家さん」です。
こちらは参加するためには1口100万円という非常に低額な出資で住むため、一般企業で働いているサラリーマンでも十分手が届く存在となっているのです。
また、こちらでは営業者が賃借人と事業参加者の間に立って管理運営を行なっているため、事業参加者はただ利益分配金を受け取るだけの手軽さが魅力となっています。