弁護士に払う料金はフランチャイズによって異なる

法的段階が一つ上がるごとに着手金っていうのを弁護士に払う事になるからこれもフランチャイズの大元は覚悟しておかないと。といっても弁護士に払うのはまとめてていう事が多いからそこも弁護士さんに確認したほうがいいかもね。フランチャイズが弁護士を雇って訴えを起こしたとする。そうすると訴えられた側も大抵は弁護士を雇う事になると思うんだよね。そうするとそれ以降はフランチャイズとその相手が直接話すっていう事はまずなくなる。そのための弁護士だからさ。で、弁護士が相手の弁護士にどういう内容かを伝えると弁護士どうして話合いで妥協策を打ち出されることがある。もしそれで双方納得すれば新しい契約が結ばれたり、契約内容が見直しされたり、反対に今まであった契約を解消することで和解したりと解決方法はフランチャイズ毎に違ってくる。まあ弁護士としては依頼主であるフランチャイズの大元が納得してくれれば良いわけだから内容をそんなに気にすることはない。