交通事故の示談交渉はプロのサポートが不可欠

交通事故に遭うと車であれ、バイクや自転車、歩行者であれ、被害に遭った側は加害者に対して損害賠償請求ができます。
加害者に資力がなくても、賠償を受けられずに被害者が困ることがないよう、全ての車やバイクは自賠責保険に加入が義務付けられています。
死亡の場合は3000万円、後遺障害は4000万円、ケガの場合は120万円を上限に最低補償が受けられるシステムになっています。
これを超えた損害が生じた場合には加害者の財産から支払いが必要となりますが、加害者が任意の自動車保険に加入していれば、加入している保険会社を通じて賠償金を得られます。
もっとも、どれだけの損害が生じたの認定はとても複雑で厳格なうえ、損害保険会社は示談交渉を求めてきます。
慰謝料などしっかり受け取るためにも、被害者側としても交渉力を備え、妥協しないことが大切です。
交通事故で精神的なショックを受けると、早く解決を図りたいと提示された額で直ぐに納得してしまいがちです。
ですが、交通事故では後から後遺症に苦しんだり、事故がフラッシュバックして精神的苦痛から逃れられないなど継続的な苦痛に苦しむケースも多いため、簡単に妥協してはいけません。
自ら交渉に当たる代わりに、弁護士などプロのサポートを受けましょう。