浪花正宗の生みの親は浪花酒造

日本酒は国内のみならず、海外においても飲まれるようになってきており注目を浴びているお酒の一つであります。
国内においては美味しい水の湧き出る地域において、多くの酒蔵が有りまして美味しいお米と水で丹念に作り上げているのです。
その中で浪花酒造はとても古い歴史を持つ国の登録文化財建造物の中で日本酒を造り続けている会社です。
そしてお酒を造る姿勢においても、量を追わずに質を大切にしながら作り続けている事などから多くのファンがいるのです。
そして浪花正宗は国内外で行われる品評会などでも優秀な成績を収めるなどその味が世界にも認められているのです。
お酒つくりには杜氏が重要な役割を担うのですが、名人杜氏佐藤勝郎が精魂込めて製造していまする。
この様に様々な点においてこだわりを持つ日本酒の製造メーカーは年々減少してきているのですが、日本酒の素晴らしさを国内外に発信し続ける為にも、この様なメーカーに頑張ってもらいたいものです。